乱夢の日記

日々の悪夢をつらづらと

FXやってます。ビットコインなんて知りません。

為替相場が大きく変動しやすい局面を狙う

■FXは変動相場を狙うから勝てる!?


FXでトータル利益を残すには、勝てる時には利食いを我慢して、含み益を可能な限り大きくするのもポイントのひとつです。

そのためには、"相場が大きく動く局面"を選んで、取引しないといけません。
相場が大きく動くというのは、一方向にレートが進行する"トレンド相場"のことです。

トレンド相場の発生をいち早く察知できれば、それに乗るだけで利益は伸びていくでしょう。
では、"トレンド"が発生しやすい場面とは、どのような場面でしょうか?解説していきます。

■トレンドが出やすい場面とは?


【大きな材料を控えた場面】

材料というのは、アメリカの雇用統計などの重要指標や、要人発言、FOMC政策金利といった為替に影響のある"情報"のことです。

特に、各国の金利の動向は、ダイレクトに為替相場を動かす要因になるので、サプライズが出ないか注視しておく必要があるでしょう。

重要指標を控えた相場では、直前の値動きがレンジ相場になる傾向があります。

チャートを表示した時に、短期足がレンジ相場を形成していれば、何か材料の発表が控えているのではないか?と疑ってみた方がいいでしょう。


           画像1



【予想外の出来事=サプライズの場面】

去年年末から今年のサプライズでは、アメリカ大統領選でトランプが大統領に当選したことで、ドル円相場は円安ドル高に変動しました。

当初、トランプが当選した場合は円高に振るという予想が多かったため、ショートポジションが上値に貯まっていたことでしょう。

しかし、大勢の予想に反して円安方向に動いてしまい、それらのショートポジションは、大きく踏み上げられました。

"予想外の出来事(サプライズ)"が大きく動く相場を作ったのです!

一旦踏み上げられると、その動きはなかなか止まりません。
予想外の値動きは、強烈なトレンド発生のシグナルになりやすいのです。


画像2



【市場に安心感もしくは不安感が漂っている場面】

材料やチャートを日々監視していると、市場心理がある程度まで感じ取れるようになると思います。

「ちょっとピリピリしてるなあ……」こう感じたら、市場に懸念材料が潜んでいるということです。

例えば、最近ではトランプと北朝鮮の問題や、ロシアへの情報漏洩問題が市場を揺さぶりました。
こういう懸念材料は、相場の上値を重くします。

市場の不安感が強ければ強いほど、安値を更新する動きがあれば、売りが売りを呼ぶ展開になります。
なぜなら、怖くて誰も下値を拾えなくなるからです。

逆に、市場に安心感や期待感が漂っているような場面では、下値が硬くなります。
下がっても安心感があるので拾われますし、上がれば上がるほど提灯がつきやすいです。


画像3



■予想外の値動き"だまし"へのアプローチ方法

だましは、強烈なトレンドのサインです。
押し目買い、戻し売りでアプローチをしましょう。

例えば、多くの市場参加者が、下がると思っていた相場。
これが予想に反して上がってしまった場合。

そのような場面では、市場参加者のロスカットを巻き込んで急騰しますので、エントリーのチャンスです!
一旦押し目を待って、ロングエントリーをすると、程よい値幅を狙えます。



画像4



この"だまし"は、レンジブレイクでもあらわれることがある。
一旦、レンジの反対側へとブレイクして、その反動を利用して大きなトレンドが発生するケースです。


画像5



"だまし"は、トレンドフォローの中で、一番勝率が高い手法です。
この場面だけ取引しても、十分利益を残すことができる優れもの。

ぜひとも、場面を厳選して習得することをおすすめします。

トレードを休む必要性とアメリカのデフォルト懸念

■トレードスルー、休むも相場の重要性


今日は、多分FXやらない。
なぜなら、ドル円が昨日までの流れを継続していないから。

こうなってくると、流れが読めなくなるので、休むのがいい。
昔から休むのも相場というからね。



実は、トレードはエントリーするタイミングよりも、休む時期を見極める方が大事だったりする。

負ける時は、大体わけが分からない相場で負けることが多く、ひどいと、そういう時に積み上げていた利益をすべて無くしてしまう。

利益分だけ無くすのならまだいいのだが、元本まで削ってしまうと、これはもう話にならない。

基本、FXトレードは無駄な負けを極力減らすだけでも、成績改善の効果が大きい。


どうしても勝てないという人は、まず勝ち方を探すより、どういう負け方をしているのかを分析した方がいいだろう。


来週以降の相場環境は、アメリカのデフォルトリスクが再び浮上してきそうな予感。

トランプになって、アメリカ政府の内部は結構まとまってないというか、まあ、しょうがないというか。

とりあえず、9月末までにアメリカ議会の債務上限引き上げの承認があるか否かにかかっている。
そろそろ、注目しておいた方がいい材料だろう。


ただ、デフォルトの話がでるのは毎度毎度の事で結局乗り切っちゃうのだが……今度はどうなることやら。
それに、年内の利上げを渋ったのも円高要因になりそう。


ロングを入れるとしたら、乗り切れるのではないか?という見通しがある程度たってからか、反発の兆候が見えてからだろう。

ドル円安値更新している時に、ポジションを建てるのは十分注意した方がいい。
そういう場面では、なんぴんはしない方がいいだろう。



日足見ると、明らかな節目だ。

黄色のラインより、上に行くのか?下に行くのか?天国と地獄の分かれ道だね。
まあ、トレーダー目線でいえば、下げてくれた方がおいしいかもしれないけど……。


画像1

ドル円押し目買い2発、買いやすい相場はそろそろ終わりかな……

■北朝鮮グァム周辺へのミサイル発射計画凍結!?



FXのドル円通貨ペアは、リスク回避ムードの一旦調整からの押し目買いの流れと読む。

前日は下がって理想的な位置まで押してくれたので、止まって反発したところで買い。

基本、上昇傾向だと判断しているので、自分にとってこれは押し目買い。


8月17 1-2



一旦下押ししたけど、安値まではいかないだろうと判断して耐えた。
もし下がっても、安値まで20PIPsぐらいのリスクだからね。


8月17 1-3


うんいい具合。小幅で利食い。


でも、ドル円通貨110円帯っていうのはなんとなく、これ以上買いにくい値段な気がするし、上がると叩かれる動きが気になるが……もう一発エントリー。


8月17日1-4


これも、下値に注文が入って支えられたので、無事利食い売り。
一旦流れが確定した相場は、そう簡単には反転しないのが経験則による自論。


8月17日1-5


結果、小さく削っていく利食いで、計20PIPs以上とれました。
もうちょっと利食い粘れたかな?と感じるも、こういう小幅な値動きは苦手。

そろそろ、上値が厳しい雰囲気。
ここから先は、深追いは厳禁かも。

でゆうか、北朝鮮vsアメリカのチキンレースっていつまで続くんだろう?

結局、グァムにミサイル撃つの撃たないの?
色んな情報が市場に舞飛んではいますが、基本「撃つわけないだろ」っていうのが、市場参加者の見方かもね。

もし本当に戦争になったら、日本も北斗の拳の世界みたいになるんだろうか……。
てゆうか、北斗の拳イチゴ味ってあるんだねw

原作者公認ってことは、原作者が絵を描いているわけではないわけかw



北斗の拳


レンジ相場での取引を避ける

■FXはレンジ相場があるから難しい


上がりそうだからロングした。しかし下がってしまった。
下がりそうだからショートした。しかし上がってしまった。

ロングとショートで往復びんたを食らって退場する負けパターンは、結構多いケースです。
損切りがある程度できるようになった頃に、こういう負け方をしだします。

この時、冷静に"レンジ相場"だと判断できれば、直ぐに取引を止められるのですが……。


私のトレード経験上、為替がレンジ相場になりやすい局面は、4つあると考えています。
次で説明していますので、ぜひご参考にしてみてください。


■レンジになりやすい4つの場面


【1日のうちの値動きしにくい時間帯】

為替には、1日の内で値動きしにくい時間帯があります。

例えば、豪州、NZ、東京市場の時間帯は、メジャーな欧州市場やアメリカ市場と重なっていないため、重要な材料が出ない限りレートは動きにくいです。

この時間帯にトレンドを追いかけると、失敗で終わることが多くなると思います。


            画像1


稀に動くこともあるのですが、この時間帯に注目材料が無い限りは、取引(特にトレンド狙いの手法での取引)は、スルーした方がいいでしょう。


逆に、各国の為替市場オープンが重なる時間帯が、最も値動きしやすい傾向があります。

特にBIG市場の欧州とアメリカの為替市場がオープンする時間帯は、大きく動きやすいです。

時間でいうと、16時~17時ぐらいから欧州市場がオープンし、22時~23時ぐらいからアメリカ市場がオープンします。


この2つの市場がかぶる深夜の時間帯は、値幅が大きくなる傾向があるので気をつけてください。


【材料待ちの場面】

アメリカの雇用統計の発表や、FOMC政策金利発表、要人発言を控えている場面では、相場は動きにくくなります。

ある程度、発表の内容が予想できる時は、先んじて買われたり売られたりすることもあるのですが、結果が先読みしにくい時は様子見ムードになり、レンジになりやすいのです。

発表の結果を予測してポジションを仕込むのも有りですが、発表を待ってからトレンドが出た方向に、押し目買いや戻し売りを仕掛ける戦略がベストでしょう。



画像2



【トレンドの出尽くし場面】

トレンドにそろそろ過熱感が出てきて、急騰、急落した後は、一旦調整してレンジ相場になることがあります。

ここでは、すでにエネルギーが放出されてしまっているので、押し目買い(下げの場合は戻し売り)をしても、利益が伸びないことが多いです。

じゃあ、逆張りでエントリーしてもOKかといわれると、難しい。

なぜなら、さらにそこからトレンドが継続してしまうことがあるので、下手に上げ相場の高値売り、下げ相場の安値買いをすると予想外の損失を食らってしまいます。

ですから、この場面はスルーした方がいいでしょう。



画像3


【重要なサポレジ付近】

市場参加の多くが注目する価格帯(壁の厚いサポート・レジスタンス)に為替レートが到達したら、乱高下した後に値幅が収縮してレンジ相場になることがあります。

そのポイントを抜けるか?抜けないか?で、市場参加者が迷うからです。

この場面になったら少しの時間様子を見て、サポレジを確実にブレイクした後に、押し目買いや戻し売りで攻めるのがいいでしょう。


画像4


■レンジ相場を避ければ勝率50%をキープできる


"大事なのは、上がるか?下がるか?の勝率50%の場面を見つけること"
レンジ相場が混ざると、上がるか?下がるか?持合いか?で勝率は、理論上3割になってしまいます。

ですから、レンジ相場はできるだけ避けて、ひたすら動く局面だけに売買を絞るといいです。

相場が動き出したら勝率は上がるか下がるかの5分5分です。外れたらロスカットしてドテンしてもいいし、そのまま様子見してもいいでしょう。

勝率が5割あるなら、利が乗った時に利食いを少し我慢すれば、最終的にトータルで勝つことができます。

では、どうやって動く相場を見分けるのか?ここからが本題です!

まず、相場が動くには動くだけの理由が必要だ、というのが私の持論です。
相場を動かす原動力になるものは、市場参加者の期待感や安心感、不安感や恐怖感。

これらのプラスとマイナスの感情が、どちらかに偏って市場を覆った時に、相場は動き始めます。


では、どうやってその"市場参加者の感情"を把握するのか?というと、自分自身が、材料やチャートの様子を見てどう感じているか?を客観的に見てあげることなんです。

自分が現状の相場や材料を見て「ちょっと、先行き不安だな」と感じたら、他の市場参加者の中にも、あなたと同じように不安を感じている人がいるわけですね。

そこで、チャートが直近のサポレジを確実に超えて動き出したら、チャンスです。
確信したら、臆せず果敢にエントリーをしましょう!

トレード検証で自分の手法の弱点を知る


■あなたのFXトレード手法はどっちのタイプ?


FXでなかなか勝てない人へ。

あなたは、自分の取引手法に潜む"弱点"を把握していますか?

どんな優れた手法にも必ず弱点が存在します。



例えば、普段、調子良く勝てているのに、たった1回の負けトレードで利益を吐き出してしまうようなケース。

このようなタイプの手法は、一発の巨大な損失をいかにして回避するか?もしくは、損失額を可能な限り少なくするかを工夫しないとトータルで利益にはなりません。


損小利大のトレードではどうでしょう?
大きく利益を伸ばそうとするため、どうしても小さな利食いは取り逃してしまう傾向があります。

そのため、勝率が犠牲になってしまうので、いかに一発の利益を大きくするか?もしくは、無駄な売買を無くして小さな損失を減らす工夫が必要です。



トレード手法には、色んなロジックがありそうですが、実は、



・コツコツ勝って大きく負けるトレード手法
・勝率低めの損小利大トレード手法



大まかに分けると、この2つしかありません。
この2つのトレード手法に、あなたなりの色を付けて勝てるように工夫していくわけです。


そのためには、自分のトレード手法の性能を調べる必要があります。

どうやって調べるのか?また、手法のどこをチェックすればいいのか?を説明しましたので、参考にしてください。



■トレードプランの弱点を見つける方法~デモトレード検証~



【デモトレードで負けるまで検証する】


FX業者のデモトレードの機能を使って、負けるまでトレードしてみるのが一番いい方法です。

デモトレードでは、「負けの頻度」と「負け額」をチェックし、トータルで利益が残るかどうかを検証しましょう。負け方の傾向が分かれば対策ができます。


負けの頻度が多すぎると、利益を圧迫してしまい、負け額が大きすぎるとコツコツ積み立てた利益が1回のトレードで無くなってしまいます。


自分のトレードプランは、どんな負け方をするのか?まずはこれを徹底的にデモトレードで調べてみましょう。

トレード検証は、回数が多くなればなるほど結果データは正確になります。

検証期間中は儲からないので正直面倒臭い作業ですが、リアルマネーで勝負をする前に、絶対やっておかなければならない作業です。


              画像1



【損益比率と勝率をチェックする】


毎日のトレードデータは、記録にした方がいいです。

トレード記録を残すことで、あなたのトレードの"傾向"を客観的に見ることができます。

記録する時には、損益比率と勝率、そして売買回数です。


・損益比率


損益比率とは、利益額の平均を損失額の平均で割った数値のことで、この値が大きいほど損小利大のトレードになっているということが分かります。

逆に"1"を下回ると、1トレードあたり、利益平均よりも損失平均の方が大きいことを意味しています。

この損益比率の数値は、利食いの取り方によって、勝率の数値と反比例することがあります。

利食いを伸ばそうとするとどうしても負けることが多くなり、早く利食いをすると勝ちやすくなるからです。

トレード中は、利食いを調整して損益比率と勝率のバランスを取りながら取引をします。


・勝率


勝率は、プラスで終わったトレードの回数を、マイナストレードを含めた全体のトレード回数で割って、100を掛けた数値で表されます。


例えば、プラストレードが全10回の内5回であれば、


5÷10×100=50


そのトレードの勝率は50%ということになります。
勝率50%は、利益を残すためには十分な勝率です。


私の経験上、勝率は3割を切ってしまうと、トータルで勝つのが難しくなると思います。
利食いを大きく狙う損小利大のトレードでは、勝率が悪くなる傾向がありますが、3割がボーダーラインで、これを

下回るようなトレードプランは、一度内容を見直した方がいいでしょう。


           画像2



【売買回数の異変に気をつけよう!】


取引時の心理状態が一目で分かるのが、売買回数の傾向です。

基本的には負けてる日ほど、売買回数が多くなる傾向があります。

負けたお金を取り返そうとする心理が、強く働くからでしょう。

逆に勝っている時ほど、慎重になるので売買回数は少なくなります。



画像3


損益比率、勝率、売買回数、これら3つの数値は、日々記録に残してください。
長期間のデータになればなるほど、そのデータには価値が生まれます。

自分のトレードの、弱点や強みが浮かび上がってくるからです。


今勝FXで勝てずに迷走している人は、デモトレードに切り替えて、日々の細かなデータを収集することから始めましょう。


ギャラリー
  • 7月20日 取引結果 ロスカと利食い
  • 一段落です 取引結果
  • 放置、放置、放置
  • だっみだこりゃ 7月5日取引結果
  • だめだこりゃ! 6月27日の取引
  • 面倒な動き 6月15日取引
  • ほどほどに……6月8日取引結果
  • 失敗したデータを集めよう! 5月31日取引結果 
  • なんぴんって使えるからね 5月30日取引結果
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました