FXの勝ち方 さるるの戦略

FXトレーダー"さるる"のブログです。ツイッター名も"さるる"です。 日々のトレード結果を簡単な解説付きで上げていきたいと思います。 F

FXトレーダー"さるる"のブログです。ツイッター名も"さるる"です。

ニュースを分かりやすくなるよう解説したり、関係無い話題を書いたり、日々のトレード結果を簡単な解説付きで上げていきたいと思います。



FXの上手な負け方4原則


■上手に負ければ利益が残る


負け方が上手くないと、FXでは利益を残せません。

旗色が悪いのに何回もエントリーを繰り返して損失を積み重ねてしまい、利益や元本を大きく削った経験は無いでしょうか?

まずは、そういう負け方を改善していきます。

次のお話では、トレード損失を減らすための"上手に負けるためのコツ"を紹介してみました。

今、なかなか勝てていない人や、勝っててもすぐに利益を吐き出してしまう人は、これを読んでいただくと改善のきっかけになるかもしれません。


■上手に負けるための4つの行動


【席を離れて取引を中止する】


最終的にトータル損益でマイナスになる人は、一発の大きな損失で退場するか、勝てない相場で粘り続けてコツコツと資本金を減らすかのどっちらかです。


負けている日は、速やかにトレードを中止するべきです。
これができるかどうかで、勝つ人と負ける人が分かれるといっても過言ではありません。


当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、これって意外に難しいんですよね。

やめ時を決めるために取引ルールを設けるのも一つの手だと思います。


例えば、1日のうち取引できる回数を限定する方法はどおでしょう?
仮に1日に取引できる回数を1回と決めたとして、その取引が損失になっても利益になっても、そこでその日の取引を終わらせます。

このルールがあれば、熱くなって何回も負けるような無駄な売買は回避できるでしょう。



もう一つは、1日の最大損失額(損失pips)を決めておく方法です。


例えば、1日の損失が50pips分負けたら終了と決めておけば、そのルールを守ってさえいれば、それ以上の損失を被ることはありません。

損失は、金額で設定してもいいです。


5000円負けたら撤退と決めておけば、一月(20日間)負け続けて10万円の損失です。
1月の最大損失額も設定するといいですね。
1日5000円の負けで1月3万円までの許容であれば、6回負けるとその月は取引ストップです。


このルールがあれば、どおしても勝てない月に無駄な損失を重ねてしまう悲劇を避けられるでしょう。
FXは、どんな立派な手法を持ってしても、勝てない時期というものが存在します。


その時期を、自分が設けた売買ルールで回避するのです。

画像1


【相場環境分析をやり直す】


FXで負けるというのは、相場環境と自分の手法がかみ合っていない可能性が考えられます。


例えば、押し目買いと戻し売り。
トレンドが継続しやすい相場では効果がありますが、継続しにくい相場では、失速して高値や安値を掴まされてしまいます。


一例としては、アメリカの雇用統計やFOMC政策金利の発表など。
これらの発表を控えている局面では、為替相場は様子見ムードになるので動きにくくなります。

そういう場面で、値動きを追いかけて押し目買いや戻し売りでエントリーをすると、高い確率で負けてしまうでしょう。


逆に、政策金利などの国の重要事案に関して予想外の発表があった場合、相場はどちらか一方に偏った変動をしていきます。
これをトレンドというのですが、トレンドが出ている時に、高値や安値の更新を逆張りしてしまうと、惨敗してしまうでしょう。


まずは、トレードを一旦中止して「動く相場か動かない相場か」を分析し直してください。
動く相場なら押し目買い、戻し売り。動かない相場なら逆張りです。


相場環境に手法を合わせて取引しましょう。


画像2


【ロットを落として取引する】


勝てないからといって、ロットを増やして取り返そうとするのは、やめた方がいいです。
恐らく、その取引も負けてしまい、取り返せない損失を被ることになると思います。


先ほど環境分析について説明しましたとおり、負けている時は相場環境と手法がかみ合っていない可能性が高いです。

そのため、そこでロットを増やして取引をすると、やっぱり負けてしまいます。

よほど確信があるのであれば、勝負を賭けるのはありですが、ただ単に熱くなってロットを増やして取引をするのは自殺行為です。


むしろ負けている時は、取引を止めるか、やるのであれば最小ロットでやった方がいいと思います。
デモに切り替えて試しエントリーをするのもいいでしょう。


そのうち、必ずあなたのトレード手法がかみ合う場面が訪れますので、その時まで資金を温存すべきです。


画像3



【トレンド狙いが外れたらレンジ相場の可能性を考える】


例えば、上昇トレンドを追いかけてエントリーしたとします。


その後、為替レートが下がってしまいロスカットになってしまう。
その後にドテンする。(※ドテンとは、手持ち通貨を決済して、それとは反対の方向にエントリーをすることです)


こういう取引は、往復びんたを喰らってしまう可能性があるため、よほどの自信が無い限りやらない方がいいです。

大体こういう場面で損失をコツコツ刻み、今まで積み上げてきた利益を吐き出してしまいます。


最初のポジションがロスカットになった段階で、「その相場は"レンジ相場"へと値動きが収縮している」と考えた方が安全です。


画像4


■負け方はコントロールできる


相場の値動きは、我々にはコントロールできません。
ですが、負け方は自分の行動次第でコントロールが可能です。


負けたら、とりあえず席を離れてそれ以上やらないこと!
それから、自分の手法が今の相場環境に合っているのか?を見直す習慣をつけるといいと思います。




トレードの勝率をコントロールする


■損小利大はトレードの理想!しかし勝率を犠牲にすることも



よく、トレードは損小利大が鉄則か、のように書かれている情報を目にすることがあるのですが、私の考えは少しそれとは違います。


もちろん、損小利大のトレードは、一発の利益が大きいので、勝率を多少犠牲にしても、最終的には元が取れる手法ではあります。
ですが、すべてのトレードで損小利大の売買に執着すると、どこかで極端に勝てなくなる場面と遭遇し、資本金がどんどん削られてしまうことになるので気をつけてください。


特に、「含み益が出てたのに、放っておいたら含み損になってしまった」これは、精神的にきついです。
こういう負けが繰り返されると、損失が利益を圧迫してしまいます。


ですから、時には柔軟に、利食い幅を調整しながら確実に利益確定を狙っていくことが大事。
いつもホームランを狙うのではなく、相場の状況、自分の勝率を鑑みて、ヒットを狙うこと。
これが私の考えです。

利食いを伸ばすのは、大きく勝てる確信が強い時だけ。
欲張りすぎるのは良くありません。



画像1


■利食いコントロール法


損切りの重要性に囚われてしまい、利食いの出口戦略を忘れてはいけません。
「利食いをいかにして確実にとるか」、これかなり重要なので、ここで詳しく解説したいと思います。


【利食い幅を決めておく】


損切りは、練習すればほとんどの人が徹底してやれるようになるのですが、利食いに関しては上級者でも難しい。

まだまだ利益が伸びるのでは?という"欲"がみなぎります。

しかし、結果的には、ほどほどの利益で妥協して利食った方が成績は安定するんです。
問題なのは「決済した後の後悔」です。これをどうにかしなければなりません。


そこで、一つの方法として提案したいのは、"利食い幅"をあらかじめ決めておくという方法です。

損切りが50PIPsなら、利食いは100PIPs。

まあ、利益を伸ばせない場面では、損切り50PIPs、利食い50PIPsでもいいでしょう。
利食い幅は現実的に利確が可能な幅を設定します。


利食いした後に、どんどんレートがその方向に進んでも関係ありません。
予定した利食い幅を獲得したことをよし!とします。
利食いと損切り両方に決済注文を入れておいてもいいでしょう。そうすれば自動で決済されます。


利益を確実に取ること!これ、勝率をコントロールする上でかなり大事なことです。
利食い幅を決めてトレードするだけでも、あなたのトレード成績は大幅に改善するでしょう。


画像2

【通貨のボラティリティに合わせて利食い幅を決める】


利食い幅は、相場のボラティリティに合わせて決定します。
通貨のボラティリティを超えるような大きな利食い幅の設定は、勝率を下げてしまいますので控えた方がいいです。


例えば、ドル円なら2017年時点で平常時の値幅が30~50程度なので、利食いはそれ以内にしないと短期間では約定しにくいです。
ユーロやポンドがらみの通貨であれば、それより大きな値幅を狙えます。


仮に50PIPs程度しか変動していない通貨に対して、500PIPsの利食い幅を期待してしまうと、ほとんどヒットしないという結果になるでしょう。
ホームランよりもヒット性の当たりを狙っていく方が、FXは勝ちやすいんです。

画像3

■狙える時は大きく利食いする


利食いをほどほどにするからといって、損小利大のトレードを捨てるというわけではありません。
狙えそうな場面では、果敢に利食いを伸ばしていくべきです。


途中、利食い幅を限定するのは、勝率を確保して損失額を減らすためのもの。
例えていうなら、スピードメーターを見ながら自動車を運転するようなもので、安全運転すべきところでは速度を落とし、見通しの良い道路では制限速度を守って最大限のスピードを出す!


自動車の運転と同じく、トレードにも臨機応変さが必要なのではないか?というのが私の考えです。
勝率の低下に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。







ギャラリー
  • 5月23日決済分
  • やっぱり売れない相場かな?
  • 売ると死ぬ相場
  • うるるるあ~~とったぞ~~~
  • うるるるあ~~とったぞ~~~
  • 3月7日朝の値動きで逆張りは控えることを決める
  • 2018年1月19日米政府機関が閉鎖!?ドリーマー救済措置とは
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました