乱夢の日記

日々の悪夢をつらづらと

FXやってます。ビットコインなんて知りません。

FXで順張りをするメリット

■FXの順張りの基本とメリット

順張りは、最終的に利益が残り易い手法です。
それはなぜでしょうか?
順張りの基本的な解説と、勝ちやすい応用パターンを紹介します。

【順張りとは?】

順張りというのは、為替のトレンドが"今後も継続する"という予測で、現在のトレンドの方向に合わせてポジションを建てる手法です。

現状が上昇トレンドなら"買い"、下降トレンドなら"売り"でエントリーをします。
ロスカットのタイミングは、トレンドが崩れた時。

つまり、現状が"トレンドの状態である"ということが前提なので、その前提が無くなった時がロスカットのタイミングとなります。

【順張り取引はリスクが限定的】

値動きに逆らってポジションを建てていく"逆張り"と比べて、順張りはリスクが限定的です。
トレンドが崩れた時に、損切りすればいいだけです。

トレンドが崩れた状態というのは、チャートを一目見れば分かるので、比較的早い段階で損切りができます。
一方、逆張りの場合は、相場の流れが反転することを予測して流れとは逆のポジションを建てるので、見切りが難しいです。

下手をすると、買い下がり、売り上がりを繰り返すことになり、そのまま逆行が進むと大きな損失を食らってしまいます。
下の画像をご覧ください。

画像1


上がっている時に買い、下がり始めたら切る。
順張りはフットワークが軽いです。
利が乗った時にある程度含み益を我慢して伸ばせば、トータルで利益を残せられるでしょう。
■FXで勝つための順張り戦略紹介!

順張り手法として実戦で使えるのは、"レンジブレイクアウト"と"だましブレイクアウト"です。
それぞれのパターンをキャプチャー画像を使って、具体的に説明していきたいと思います。

【レンジブレイクアウト】

レンジ→トレンドへと移行するタイミングを順張りで狙う取引です。
レンジ相場は値幅が狭くなっているので、ロスカットリスクを最小限に抑えられます。

 画像2

コツは、重要指標や政策金利などの為替に影響のある材料が、発表される前後に注目します。

例えばアメリカの雇用統計は、為替レートに大きく影響を与える材料のひとつです。
雇用統計の発表の前は、値幅が収縮してレンジ相場になることが多く、そこでエネルギーを貯めて、発表の直前・直後にトレンドが出る可能性が高いわけです。

"材料があって、チャートが動きそうである"

そうゆう局面で、動いた方向に順張りエントリーすると、利益になりやすいです。
【だましブレイクアウト】

"だましブレイクアウト"というのは、市場予想に反した材料が出た時に発生しやすいパターンです。
市場参加者のロスカットを巻き込みますので、短期間で大きな値幅を稼げます。

これだけのパターンで勝負をしてもいいといっても、過言ではありません。
では、どんなパターンなのか?を例を挙げて説明したいと思います。

例えば、アメリカのFOMC政策金利の発表は、ドルがらみの為替レートに影響を与える重要指標のひとつです。
市場予測では利上げであり、チャートもその予想に乗ってドルが買われていたとします。
上がれば上がるほど、買い安心感が高まっている状況です。まだ結果は出ていないのに……。

しかし、いざ発表があると予想外の"現状維持"でした。
そうするとどうなるでしょう?

市場はドルに対して失望売りを浴びせ始めます。
今まで買っていた人も、どんどん手仕舞いの投げ売りを始めます。

チャートでは、こんな形状を描くことでしょう。


  画像3

こういう下落は勢いが強く、節目を抜けるまで止まらないことが多いです。
これで長期足のトレンドが下落基調だと、ますます売りに勢いがつきます。

これが"だましブレイク"というパターンです。
読みには少し経験がいりますが、比較的勝ちやすいパターンの一つなので、場面を見つけることが出来たらぜひ狙った方がいいでしょう。

為替相場に潜む優位性を利用しろ!

■為替の優位性とは?

FXトレードをすでにやっている人なら、取引中にチャートを見ていて、次のような雰囲気を感じたことがないでしょうか?

"下がりにくいなあ、上がりにくいなあ"と。

下がりにくい相場とは、下値に壁となるオーダーがたくさん集まっているから下がりにくくなっています。

こういう場面では、ロングでポジションを取ると勝ちやすいでしょう。
逆に上がりにくい相場は、上値を抑えるオーダーがいっぱいのしかかっている相場です。

このような場面では、ショートポジションが勝ちやすいでしょう。

このように、相場の中に一定の傾向(方向性や規則性)が存在する環境を利用することを、"相場の優位性を利用する"といいます。

画像1

あらかじめ上がりにくい相場、下がりにくい相場を察知しておけば、押し目買い、戻り売りができます。
チャートの動きに釣られてしまっている他のトレーダーよりも、一歩先を読んだトレードができるようになるでしょう。

さて、そんな"優位性"についてのお話でしたが、もうちょっと深堀りします。
優位性のある"勝ちやすい相場"は、一体どんな条件下で発生するのでしょうか?

私の経験で気がついたその"条件"を、いくつか紹介したいと思います。
■為替相場に優位性が生まれる条件

為替が下がりにくくなるには、下がりにくくなるだけの原因があります。
また、上がりにくくなるのにも、上がりにくくなるだけの原因があるものです。

トレンド相場を形成する"原因(条件)"、それに着目してみましょう。


【市場参加者が"材料"に注目する】

為替に影響がありそうな材料を監視していれば、いち早く相場の値動きを察知できます。
ここでいう材料とは、相場に影響を与える情報のことです。

例えば、政府の金利政策なんかは、変更があればダイレクトに為替相場を動かす要因になります。
発表で、政策金利が予想に反した内容であった場合、為替相場かどちらかに大きく動く可能性があるでしょう。

材料を監視することは、チャートパターンを監視することと同じぐらい大事なんです。

画像2

【意外性のあるサプライズの発生】

市場予想を裏切る"材料"は、為替レートを大きく変動させます。
一旦逆行してから急激に失速して折り返す動きは、たくさんのロスカットを巻き込みますので、チャートの節目を超えるまで、勢いの強いトレンドが継続する傾向があります。

"だまし"というチャートパターン。
だましのシグナルは、重要な材料の発生と合わせると、当たりやすいですね。
画像3



・材料のサプライズ
・チャートでのだましパターン発生

この2つの現象を見つけたら、トレンドの方向にエントリーするという戦法。
長期足を監視して、トレンドが確定してから押し目買いで入るのがベスト。
ところで、意外性のあるサプライズといえば、トランプ氏の大統領就任は、我々が今年最も注目したニュースでした。

当時、トランプ氏が大統領選に勝った場合の予想が"円高"でしたが、実際にはドル円は大きく円安に動いていくことに。
ショートポジション勢の買戻しも、上昇の勢いを助けたのでしょう。

市場の注目度が高い材料には、為替を動かす大きなエネルギーがあります。
そこには優位性が隠れている可能性が高いので、相場を注意深く監視して見てください。

【チャートポイントをブレイクする】

例えば、年初来の高値・安値は、市場参加者の多くが注目する為替レートの重要な節目です。
この節目を超えてきて、ある程度の期間レートが戻ってこない場合は、そっち方向へのトレンドが発生している可能性を考えられます。

これをブレイクアウトといいます。

チャートの重要な節目は、一旦抜けても反対ポジション勢に抑えられてしまい、失速して反転してくることが多いのですが、まれに抜けてもがっちりレートがその位置でキープされることがあります。

こういう場面では、逆張りをするのではなく、その動きについていった方が勝ちやすいです。

ただし、チャートだけ見ていたのでは、なかなか勝てません。
相場を動かす材料があるかどうか?また、"強気"か"弱気"かの判断の上、チャートを活用してください。

日経平均やアメリカのダウ、原油、金などの先物など、海外の市場動向を全体的にぼんやり監視してみてください。

「ああ、最近、世の中の雰囲気が弱気だな」と感じられたら、為替も上値が思い展開になるかもしれません。

「どこもかしこも上がってんじゃん!」と感じるようであれば、市場はリスクオンの状態なので、通貨ペアによっては上がっていくでしょう。

通貨ペアのチャートだけ見ても市場心理は掴めません。
スマホのアプリにも、世界のマーケットの動向を監視できるアプリがありますので、それを利用しつつ通貨ペアの値動きに合わせて注視してみてください。
画像4


★まとめ
今回の解説をまとめると、

・優位性とは、相場の傾向、規則性である。
・為替に影響のある材料を注視する。
・相場を動かす材料+チャートパターンで勝率を上げる

という内容でした。
長くなりましたが、少しでも参考になれば幸いです。

FXの上手な負け方4原則


■上手に負ければ利益が残る


負け方が上手くないと、FXでは利益を残せません。

旗色が悪いのに何回もエントリーを繰り返して損失を積み重ねてしまい、利益や元本を大きく削った経験は無いでしょうか?

まずは、そういう負け方を改善していきます。

次のお話では、トレード損失を減らすための"上手に負けるためのコツ"を紹介してみました。

今、なかなか勝てていない人や、勝っててもすぐに利益を吐き出してしまう人は、これを読んでいただくと改善のきっかけになるかもしれません。


■上手に負けるための4つの行動


【席を離れて取引を中止する】


最終的にトータル損益でマイナスになる人は、一発の大きな損失で退場するか、勝てない相場で粘り続けてコツコツと資本金を減らすかのどっちらかです。


負けている日は、速やかにトレードを中止するべきです。
これができるかどうかで、勝つ人と負ける人が分かれるといっても過言ではありません。


当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、これって意外に難しいんですよね。

やめ時を決めるために取引ルールを設けるのも一つの手だと思います。


例えば、1日のうち取引できる回数を限定する方法はどおでしょう?
仮に1日に取引できる回数を1回と決めたとして、その取引が損失になっても利益になっても、そこでその日の取引を終わらせます。

このルールがあれば、熱くなって何回も負けるような無駄な売買は回避できるでしょう。



もう一つは、1日の最大損失額(損失pips)を決めておく方法です。


例えば、1日の損失が50pips分負けたら終了と決めておけば、そのルールを守ってさえいれば、それ以上の損失を被ることはありません。

損失は、金額で設定してもいいです。


5000円負けたら撤退と決めておけば、一月(20日間)負け続けて10万円の損失です。
1月の最大損失額も設定するといいですね。
1日5000円の負けで1月3万円までの許容であれば、6回負けるとその月は取引ストップです。


このルールがあれば、どおしても勝てない月に無駄な損失を重ねてしまう悲劇を避けられるでしょう。
FXは、どんな立派な手法を持ってしても、勝てない時期というものが存在します。


その時期を、自分が設けた売買ルールで回避するのです。

画像1


【相場環境分析をやり直す】


FXで負けるというのは、相場環境と自分の手法がかみ合っていない可能性が考えられます。


例えば、押し目買いと戻し売り。
トレンドが継続しやすい相場では効果がありますが、継続しにくい相場では、失速して高値や安値を掴まされてしまいます。


一例としては、アメリカの雇用統計やFOMC政策金利の発表など。
これらの発表を控えている局面では、為替相場は様子見ムードになるので動きにくくなります。

そういう場面で、値動きを追いかけて押し目買いや戻し売りでエントリーをすると、高い確率で負けてしまうでしょう。


逆に、政策金利などの国の重要事案に関して予想外の発表があった場合、相場はどちらか一方に偏った変動をしていきます。
これをトレンドというのですが、トレンドが出ている時に、高値や安値の更新を逆張りしてしまうと、惨敗してしまうでしょう。


まずは、トレードを一旦中止して「動く相場か動かない相場か」を分析し直してください。
動く相場なら押し目買い、戻し売り。動かない相場なら逆張りです。


相場環境に手法を合わせて取引しましょう。


画像2


【ロットを落として取引する】


勝てないからといって、ロットを増やして取り返そうとするのは、やめた方がいいです。
恐らく、その取引も負けてしまい、取り返せない損失を被ることになると思います。


先ほど環境分析について説明しましたとおり、負けている時は相場環境と手法がかみ合っていない可能性が高いです。

そのため、そこでロットを増やして取引をすると、やっぱり負けてしまいます。

よほど確信があるのであれば、勝負を賭けるのはありですが、ただ単に熱くなってロットを増やして取引をするのは自殺行為です。


むしろ負けている時は、取引を止めるか、やるのであれば最小ロットでやった方がいいと思います。
デモに切り替えて試しエントリーをするのもいいでしょう。


そのうち、必ずあなたのトレード手法がかみ合う場面が訪れますので、その時まで資金を温存すべきです。


画像3



【トレンド狙いが外れたらレンジ相場の可能性を考える】


例えば、上昇トレンドを追いかけてエントリーしたとします。


その後、為替レートが下がってしまいロスカットになってしまう。
その後にドテンする。(※ドテンとは、手持ち通貨を決済して、それとは反対の方向にエントリーをすることです)


こういう取引は、往復びんたを喰らってしまう可能性があるため、よほどの自信が無い限りやらない方がいいです。

大体こういう場面で損失をコツコツ刻み、今まで積み上げてきた利益を吐き出してしまいます。


最初のポジションがロスカットになった段階で、「その相場は"レンジ相場"へと値動きが収縮している」と考えた方が安全です。


画像4


■負け方はコントロールできる


相場の値動きは、我々にはコントロールできません。
ですが、負け方は自分の行動次第でコントロールが可能です。


負けたら、とりあえず席を離れてそれ以上やらないこと!
それから、自分の手法が今の相場環境に合っているのか?を見直す習慣をつけるといいと思います。




トレードの勝率をコントロールする


■損小利大はトレードの理想!しかし勝率を犠牲にすることも



よく、トレードは損小利大が鉄則か、のように書かれている情報を目にすることがあるのですが、私の考えは少しそれとは違います。


もちろん、損小利大のトレードは、一発の利益が大きいので、勝率を多少犠牲にしても、最終的には元が取れる手法ではあります。
ですが、すべてのトレードで損小利大の売買に執着すると、どこかで極端に勝てなくなる場面と遭遇し、資本金がどんどん削られてしまうことになるので気をつけてください。


特に、「含み益が出てたのに、放っておいたら含み損になってしまった」これは、精神的にきついです。
こういう負けが繰り返されると、損失が利益を圧迫してしまいます。


ですから、時には柔軟に、利食い幅を調整しながら確実に利益確定を狙っていくことが大事。
いつもホームランを狙うのではなく、相場の状況、自分の勝率を鑑みて、ヒットを狙うこと。
これが私の考えです。

利食いを伸ばすのは、大きく勝てる確信が強い時だけ。
欲張りすぎるのは良くありません。



画像1


■利食いコントロール法


損切りの重要性に囚われてしまい、利食いの出口戦略を忘れてはいけません。
「利食いをいかにして確実にとるか」、これかなり重要なので、ここで詳しく解説したいと思います。


【利食い幅を決めておく】


損切りは、練習すればほとんどの人が徹底してやれるようになるのですが、利食いに関しては上級者でも難しい。

まだまだ利益が伸びるのでは?という"欲"がみなぎります。

しかし、結果的には、ほどほどの利益で妥協して利食った方が成績は安定するんです。
問題なのは「決済した後の後悔」です。これをどうにかしなければなりません。


そこで、一つの方法として提案したいのは、"利食い幅"をあらかじめ決めておくという方法です。

損切りが50PIPsなら、利食いは100PIPs。

まあ、利益を伸ばせない場面では、損切り50PIPs、利食い50PIPsでもいいでしょう。
利食い幅は現実的に利確が可能な幅を設定します。


利食いした後に、どんどんレートがその方向に進んでも関係ありません。
予定した利食い幅を獲得したことをよし!とします。
利食いと損切り両方に決済注文を入れておいてもいいでしょう。そうすれば自動で決済されます。


利益を確実に取ること!これ、勝率をコントロールする上でかなり大事なことです。
利食い幅を決めてトレードするだけでも、あなたのトレード成績は大幅に改善するでしょう。


画像2

【通貨のボラティリティに合わせて利食い幅を決める】


利食い幅は、相場のボラティリティに合わせて決定します。
通貨のボラティリティを超えるような大きな利食い幅の設定は、勝率を下げてしまいますので控えた方がいいです。


例えば、ドル円なら2017年時点で平常時の値幅が30~50程度なので、利食いはそれ以内にしないと短期間では約定しにくいです。
ユーロやポンドがらみの通貨であれば、それより大きな値幅を狙えます。


仮に50PIPs程度しか変動していない通貨に対して、500PIPsの利食い幅を期待してしまうと、ほとんどヒットしないという結果になるでしょう。
ホームランよりもヒット性の当たりを狙っていく方が、FXは勝ちやすいんです。

画像3

■狙える時は大きく利食いする


利食いをほどほどにするからといって、損小利大のトレードを捨てるというわけではありません。
狙えそうな場面では、果敢に利食いを伸ばしていくべきです。


途中、利食い幅を限定するのは、勝率を確保して損失額を減らすためのもの。
例えていうなら、スピードメーターを見ながら自動車を運転するようなもので、安全運転すべきところでは速度を落とし、見通しの良い道路では制限速度を守って最大限のスピードを出す!


自動車の運転と同じく、トレードにも臨機応変さが必要なのではないか?というのが私の考えです。
勝率の低下に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。







ギャラリー
  • 面倒な動き 6月15日取引
  • ほどほどに……6月8日取引結果
  • 失敗したデータを集めよう! 5月31日取引結果 
  • なんぴんって使えるからね 5月30日取引結果
  • なんぴんって使えるからね 5月30日取引結果
  • 5月23日決済分
  • やっぱり売れない相場かな?
  • 売ると死ぬ相場
  • うるるるあ~~とったぞ~~~
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました