先ほどようやく利食いしました。+48PIPs
エントリー、目印はひとつですが、一回で3発分ぶちこんでいます。 
あまり分割や逆ピラミッティングはしません。※するときもありますが。

21:30分にいくつか指標発表を控えていたので、一旦手仕舞いです。

前回記事のトレードでは、ロスカットしましたが、そこから相場環境を監視し直して、トレード手法を切り替えています。

画像2-1

画像2の利食い


ここからは比較的取りやすい相場になるかもしれません。

大体ドル円が動き出す周期って、巨大なトレンドは年2~3回ぐらい、中規模な動きは2ヶ月に一回ぐらい、小規模な動きはひと月に一回ぐらいでしょうか。まあ、大体の感なのですが、目安をつけておくととっさの切り替えがしやすいです。


順張り相場の基本は、下値の堅さを見て、勢いに乗るということでしょう。
そろそろ高いなあ、そろそろ安いなあで逆張りすると負けるし、なんぴんすると死にます。


あと、ロスカットは、環境分析の見直しのポイントになるので、その損失分を無駄にはしません。
なぜ負けたのかを考えながら相場観察します。