かなり、遅れての更新です。

10月19日深夜から10月20日朝辺りの取引です。
下げる時に勢いよく下げたので、戻し売りの動きのような感じがしました。

つまり、流れは売りに優位性がある状況と読みました。
大きな流れにおいての売り転換の兆しかもしれません。

でも、結局、週末を超えて衆院選の結果が分かった23日は100PIPsぐらい上がったので、読みは外れましたね。
切っていなかったら危なかったです。

+5PIPs
+4.7PIPs
+2.8PIPs
計+12.5PIPs(+2500円)

ここまでは強かったのですが、そろそろ相場の動向は変わりそうな気がします。
慎重にトレードしないと……。

さて衆院選ですが、蓋を開けると自民の圧勝で終わりましたね。
日経も依然として強いですが、注意するべきポイントもあります。

神戸製鋼の不正データ改ざん問題なんかはまさに爆弾で、日本の大黒柱である自動車産業に大きな影響を与えるリスクがあるでしょう。

北朝鮮問題は、このままジリジリとした展開が延々と続いていくだろうという専門家の意見もあります。
ただ、これはどうなるかわかりません。

突発的な材料に注意しながら、トレードしていく必要があるでしょう。
画像1

利食い