FXの勝ち方 さるるの戦略

FXトレーダー"さるる"のブログです。ツイッター名も"さるる"です。 日々のトレード結果を簡単な解説付きで上げていきたいと思います。 F

トレンド

9月13日 FX トレード結果 2回目 +18.9PIPs


深夜1時30~2時辺り。
時間的にもトレンドが止まりやすい時間帯であり、日足での節目近辺であることと、かなり上げていたので売りで入りました。

とはいえ、あまり自信がなかったので、1発のみ。

ポジションを持ってから大体30分後に、理由はわかりませんが急落しました。すぐに利食い。
+18.9PIPsでした。

今日の1回目のトレードが-35.4PIPsだったので、差し引くと-16.1PIPsですね。
少し損失を減らせてよかったです。

このままドル円をもう少し監視したいと思います。
画像2-1


画像2の利食い


8月31日 FX トレード結果 2回目 +48PIPs 

先ほどようやく利食いしました。+48PIPs
エントリー、目印はひとつですが、一回で3発分ぶちこんでいます。 
あまり分割や逆ピラミッティングはしません。※するときもありますが。

21:30分にいくつか指標発表を控えていたので、一旦手仕舞いです。

前回記事のトレードでは、ロスカットしましたが、そこから相場環境を監視し直して、トレード手法を切り替えています。

画像2-1

画像2の利食い


ここからは比較的取りやすい相場になるかもしれません。

大体ドル円が動き出す周期って、巨大なトレンドは年2~3回ぐらい、中規模な動きは2ヶ月に一回ぐらい、小規模な動きはひと月に一回ぐらいでしょうか。まあ、大体の感なのですが、目安をつけておくととっさの切り替えがしやすいです。


順張り相場の基本は、下値の堅さを見て、勢いに乗るということでしょう。
そろそろ高いなあ、そろそろ安いなあで逆張りすると負けるし、なんぴんすると死にます。


あと、ロスカットは、環境分析の見直しのポイントになるので、その損失分を無駄にはしません。
なぜ負けたのかを考えながら相場観察します。











為替相場が大きく変動しやすい局面を狙う

■FXは変動相場を狙うから勝てる!?


FXでトータル利益を残すには、勝てる時には利食いを我慢して、含み益を可能な限り大きくするのもポイントのひとつです。

そのためには、"相場が大きく動く局面"を選んで、取引しないといけません。
相場が大きく動くというのは、一方向にレートが進行する"トレンド相場"のことです。

トレンド相場の発生をいち早く察知できれば、それに乗るだけで利益は伸びていくでしょう。
では、"トレンド"が発生しやすい場面とは、どのような場面でしょうか?解説していきます。

■トレンドが出やすい場面とは?


【大きな材料を控えた場面】

材料というのは、アメリカの雇用統計などの重要指標や、要人発言、FOMC政策金利といった為替に影響のある"情報"のことです。

特に、各国の金利の動向は、ダイレクトに為替相場を動かす要因になるので、サプライズが出ないか注視しておく必要があるでしょう。

重要指標を控えた相場では、直前の値動きがレンジ相場になる傾向があります。

チャートを表示した時に、短期足がレンジ相場を形成していれば、何か材料の発表が控えているのではないか?と疑ってみた方がいいでしょう。


           画像1



【予想外の出来事=サプライズの場面】

去年年末から今年のサプライズでは、アメリカ大統領選でトランプが大統領に当選したことで、ドル円相場は円安ドル高に変動しました。

当初、トランプが当選した場合は円高に振るという予想が多かったため、ショートポジションが上値に貯まっていたことでしょう。

しかし、大勢の予想に反して円安方向に動いてしまい、それらのショートポジションは、大きく踏み上げられました。

"予想外の出来事(サプライズ)"が大きく動く相場を作ったのです!

一旦踏み上げられると、その動きはなかなか止まりません。
予想外の値動きは、強烈なトレンド発生のシグナルになりやすいのです。


画像2



【市場に安心感もしくは不安感が漂っている場面】

材料やチャートを日々監視していると、市場心理がある程度まで感じ取れるようになると思います。

「ちょっとピリピリしてるなあ……」こう感じたら、市場に懸念材料が潜んでいるということです。

例えば、最近ではトランプと北朝鮮の問題や、ロシアへの情報漏洩問題が市場を揺さぶりました。
こういう懸念材料は、相場の上値を重くします。

市場の不安感が強ければ強いほど、安値を更新する動きがあれば、売りが売りを呼ぶ展開になります。
なぜなら、怖くて誰も下値を拾えなくなるからです。

逆に、市場に安心感や期待感が漂っているような場面では、下値が硬くなります。
下がっても安心感があるので拾われますし、上がれば上がるほど提灯がつきやすいです。


画像3



■予想外の値動き"だまし"へのアプローチ方法

だましは、強烈なトレンドのサインです。
押し目買い、戻し売りでアプローチをしましょう。

例えば、多くの市場参加者が、下がると思っていた相場。
これが予想に反して上がってしまった場合。

そのような場面では、市場参加者のロスカットを巻き込んで急騰しますので、エントリーのチャンスです!
一旦押し目を待って、ロングエントリーをすると、程よい値幅を狙えます。



画像4



この"だまし"は、レンジブレイクでもあらわれることがある。
一旦、レンジの反対側へとブレイクして、その反動を利用して大きなトレンドが発生するケースです。


画像5



"だまし"は、トレンドフォローの中で、一番勝率が高い手法です。
この場面だけ取引しても、十分利益を残すことができる優れもの。

ぜひとも、場面を厳選して習得することをおすすめします。

ギャラリー
  • 2018年1月19日米政府機関が閉鎖!?ドリーマー救済措置とは
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • ドル円111円台に下落、日銀の買いオペって一体何?
  • 500円→200万円に!仮想通貨が注目される理由とは?
  • 天下人!秀吉軍4万人が200キロの距離を5日間で移動した驚きの方法
  • 2018年、年明けのトレードとエントリーの根拠
ブログトピックス