乱夢の日記

日々の悪夢をつらづらと

指標発表

9月1日 FX トレード結果 +42PIPs


21:30分に発表される非農業部門雇用者数変化(前月比)の発表を受けて、ドル円は下方向に差し込みました。

ここでは自信を持って買います。
ただ、ピッタリ当たったので1発のみしか入れませんでした。

結果は+42PIPs 値幅は取れたと思いますが……。
もったいなかったです。ポジションを持ちすぎました。

ここから一気に上昇して110.600まで瞬間的に上げたのですが、利食いせず。

上値突破トライするかと思ったからです。でも、ちょっと上値は固いかもしれませんね。
基本買い目線でしたが方向性については、そろそろ見直す必要があるかもしれません。

明日は土曜日ということもあるので、今日はここでトレードを止めておきます。


画像1-1

画像1-2


FXドル円 8月25日はこれに注目……


24日は、タイミングがなんとなく掴みづらい雰囲気だったので、ドル円の取引はしませんでした。

トランプ大統領の"メキシコ国境の壁建設予算"が出ない場合は、政府機関閉鎖もあり得る的なコメントが重しになったみたいですが、結局、大きな下値を割り込むようなことはなかったです。

NYダウは様子見の傾向が強く、為替もつられてか膠着状態に。どちらかというと、下値をつけてすこし反発して止まりました。

ここまで、は昨日のドル円の為替相場の様子でした。
さて、本日注目したい材料は、まずは朝8:30に発表がある、日本の"7月 全国消費者物価指数(CPI)と(CPI、生鮮食品を除く)でしょう。

この指標は簡単にいうと、物の値段の変動値をあらわす数値です。

まあ、指標発表がどういうものなのかはそれほど詳しくなくても、トレードでは勝てますが、重要な発表がある時間だけは確認しておいたほうがいいでしょう。


そして、本日一番大事なのは、夜23時に発表がある"イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言"。

今日はこの発表を待ってからトレードするか、明日が土曜日で取引ができなくなりますので、もう今日は、取引をしないという判断もあると思います。

また、ドラギ総裁も28時になんやかんや言うそうなので、欧州系の通貨ペアを取引している人は、気をつけた方がいいでしょう

こういう時はあまり、ポジションを持ったまま週またぎはしない方がいいですね。

今回の私の判断は、"見送り相場"です。


使用1


ギャラリー
  • 7月20日 取引結果 ロスカと利食い
  • 一段落です 取引結果
  • 放置、放置、放置
  • だっみだこりゃ 7月5日取引結果
  • だめだこりゃ! 6月27日の取引
  • 面倒な動き 6月15日取引
  • ほどほどに……6月8日取引結果
  • 失敗したデータを集めよう! 5月31日取引結果 
  • なんぴんって使えるからね 5月30日取引結果
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました