FXの勝ち方 さるるの戦略

FXトレーダー"さるる"のブログです。ツイッター名も"さるる"です。 日々のトレード結果を簡単な解説付きで上げていきたいと思います。 F

FX

アメリカが攻撃しやがった( ゚Д゚)

週末の市場予想と全然違うやんな。
シリアのアサド政権の化学兵器?基地を攻撃したそうな。

アメリカとフランス、イギリスの共同戦線らしいけど、ロシアはどういう動きをするんだろう?

とにもかくにも週明け以降は荒れそうだね。
どっちにいくかは分かんないけど、行った方向についていく感じが妥当かなって気がします。

多分、円高予想が強そうだから、逆に円安に振ったら結構持続性の高いトレンドが出るのではなかろうかと。
まあ、予想に反して相場が硬直して動かなくなるケースも頭においてと……。

海外のMT5口座でハイレバ使ってやり出したので、あまり突っ込まないようにしないとな。( ゚Д゚)


それにしても比嘉大吾残念!
900gかぁ。きついよなあ。











下手ななんぴんより怖い下手な損切り


■ネット上に蔓延する損切り正義論

インターネットを検索してFXや株の情報の豆知識的情報を調べると出てくる「損切りがいかに大事か」という理論は、正しく認識しないと酷い目にあいます。

私がトレードを始めた頃は、株やFXの関連書籍を読み漁り、損切りの重要性を頭に叩き込んで実践してきました。
そこで学んだのは、下手な損切りほど怖いものはないという事実です。


損切りの上手い下手

まず下手な損切りというのは、相場環境を読まずにただ損切りの正義だけを信じて実行してしまう損切りです。
あなたは自分が損切りした後に、元値にかえったという経験をしたことはないでしょうか?
それは当たってたんですよ!あなたの読みが。

つまり、値段や値幅だけで判断して損切りをしてしまうことで、せっかく取れる場面だったのにわざわざ損失を確定してしまっているわけです。
逆に上手い損切りというのは、相場環境の読みがハズレたのを認識してからロスカットを発注する損切りです。

「なんだそんなことか。知ってるよ」

と言われそうですが、でもこれを実践できている人は少ないのではないか?と思います。

なぜなら、FXをやってる人のほとんどが負けているからです。


最近ではネット情報にも環境認識という言葉がちらほら見つかるようになりましたが、結構あいまいな部分なので人によって解釈が変わります。


自分としては動く相場か?動かない相場か?の2つにだけ着目して分析するようにしています。
極めてシンプルにしていくことで、混乱せずにトレードができるようになりました。

■そのお金を捨てることができるのか?


よく、投資は「余裕資金」でということが言われますが、これはマジでその通りだと思います。

生活するために必要なお金を口座に投入することだけは絶対にやめた方がいいです。
その行為に明るい未来はありません。


シビアなお金ほど、相場が逆行した時の心理的な負担が大きくなるからです。
そのお金を、失くさないよう、失くさないように大事に損切りで守ろうとします。


不思議なことに、お金を守ろうとしている人ほど、お金を失っていくという現象がそこで起こります。
逆行したら損切り、逆行したら損切りを繰り返すことで、いつのまにか口座資産がおもいっきり目減りしていることに気が付きます。


それこそが、まさしく間違った損切りの弊害です。

3月7日朝の値動きで逆張りは控えることを決める

3月7日の朝7時頃の値動き。

画像1


この値動きは、コーン米NEC委員長の辞任の発表を受けてのこと。

昨日までの値動きでは、そろそろ下げ止まりかな?と思ったが、今朝のこの動きを見ると、まだ
下方向へのバイアスは強いみたいだ。
こういう相場では、逆張りで買うというのは控えた方が無難。

ただ、下方向へのトレンドが出てからもう数か月。
そろそろ環境の変化がありそうな気がする。

相場というのは、シンプルに考えると、「動く相場」か「動かない相場」の2パターンしかない。
そのうち「動かない相場」というのは、手法さえ確立すればなかなかおいしいブルーオーシャン市場なのである。

競争の激しい市場のことを血で血を洗う市場、レッドオーシャン(血の海)というが、ブルーオーシャンはその反対である。

FXにおいても、チャンスの少ないトレンド相場ばかりを狙うのは、あまり得策ではない。



5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~

311a830b610d01bb5d2b40cc202d7945_s

<h2>ドテン売買は5分5分の読みの相場で行え!</h2>

ドテン売買は、ポジションを決済して反対の新規ポジションを建てることである。

相場の読みが5分5分の時に「5分」が外れた時にもう一方の確率に掛ける意味でドテンを行う。
失敗すると往復ビンタだが、ある程度読みができるようになると、大体うまくいくようになる。


売り方が買いに回る。買い方が投げ売りする。
そういう局面を見つけてトレードをすれば、勝ちやすくなる。

どこかのニュースで、今年は動きにくいという予想の方が多いという見出しを見つけた。
ということは、動けばその人たちの予想は外れてしまうということだから、とことん動いてしまう。
相場は、大勢がどういう読みでポジションを建てているかを分析することが大事。



1月12日のドル円相場は、上値がすごく重かった。

111円中盤まで売りこまれるのはひさしぶりだったので、割安と捉えるか?それとも大きな売りトレンドの発生か?このどちらかで迷った。

結局、最初は3つの買いポジション(6万通貨)で買いポジションを建てるが、その後思った以上に上値が重い。

ストップまでロスカットを粘ろうか?と考えたが、それももったいないので直ぐに一括決済して、新規のドテン売り3ロット(6万通貨)を入れる。

その後は、じり安の展開で、週明けまでポジ。
結局15日月曜日にすべて利食いに成功。

ロスカット分は-1980円
利食い分は+32780円

差し引き+30800円
画像1

画像2

画像3

2018年、年明けのトレードとエントリーの根拠


■トレード結果

12月の閑散期はスルーしたので久しぶりのトレード。(取引通貨はドル円)

流れを読むために、もう1週間ほど様子見しても良かったのだが、1時間足の節目にまでレートが接近していたので、思い切ってエントリー。

結果は各2万通貨ロットを3回入れて、

+29.7PIPs
+26.3PIPs
+24.3PIPs
計+80.3PIPs
1ロット2万通貨(計6万通貨)
+16060円

エントリーから決済まで2日ほど掛ったけれど、年明け1発目がプラスになったので一安心。

画像1

画像2

画像3

■トレードの根拠

ここからが本題である。
なぜ、1月2日のこのようなポイントでトレードをしたのか?

画像1


まず自分が注目したのは、年末のネットニュースに上がった「年明けは円高になるとの予想」である。
市場では円高になると予想しているのに、なぜ円安方面にポジションをとったのか?

基本的にこういう場面では、為替が予想に反した値動きをした場合、その方向へのトレンドが継続しやすくなる傾向があるから。

なぜそういう動きになるのかと言うと、 為替レートは円安に振ることで、市場に残されている売りポジション勢が、ロスカットをするからだ。
売りポジション勢がロスカットをすることで 買い勢力になるわけだ。

だからこういう場面では、できるだけ落ちたところを拾っていく。


もうひとつの理由は、1時間足チャートで見る為替レートの節目に接近していたこと。

1時間足で解説


この画像のように、1時間足の前回の安値に為替レートが接近しており、そこが反転ポイントになるだろうとの予測ができる。



最後にもうひとつの理由は逆三尊である。
ヘッドアンドショルダーボトムとも呼ばれている形状。

ただこれは、自分のトレードでは、あまり参考にしていない。
なんとなくそうだなあ、といった程度の捉え方。


自分は、12月初めから年末にかけては相場が閑散期に入るため、基本的にはトレードしない。

個人でのトレードはノルマがないので、危ないと感じる時期はやらない。
利益になり難い局面でのトレードを、いかに削るかが大事だと考えている。

FXスキャルピング編 10月30日 取引結果+7PIPs(+7000円)

今回は、検証をしていたスキャルピング取引手法を、実践で試してみようと思って取引をしました。
時間は東京時間の9時~11時頃。

まだ、確立した手法ではないので、トータルで負ける可能性も高いのですが、練習の時に少しだけコツがつかめてきた感じだったのでブログにアップします。


取引ロット数は通常の取引よりも多く張ります。


1ロット10万通貨で、買い増し、売り増しは無し。

1~5PIPs程度の値幅しか狙わないので、ポジションは自分にとって大きめの数で挑みます。


この取引では、相場が動かないことを前提に取引しています。
動くと負けです。


肝心のロスカット幅なのですが、当初練習の時から3~4PIPs程度に設定していたのですが、ロスカット幅を狭くすると、読みが当たっていても負けてしまうことが多かったです。

今回は、途中で10PIPsまで損切利幅を広げて取引してみました。
だから、1回負けると-10000円。負けると、この日は退場する予定でした。

「今日は、この時間帯に10PIPs以上のトレンドは出ない」という読みです。

9時は上がりやすいので、スルーして昼からの取引をするのがよかったのかもしれませんが、

まだ、時間帯の読みはあやふや。

少しずつ戦略やルールをかためて行こうと思います。

結果は、
+2PIPs
+2PIPs
-4PIPs
+2PIPs
+3PIPs
+2PIPs
計+7PIPs(+7000円)

10万通貨での取引なので、1PIPs=1000円です。

取引通貨数は、この先、勝てないようなら減らしていきたいと思います。

このスキャルピングは、昔から苦手な取引手法だったので、なんとか克服して自分のものにしたいです。

赤丸同士がロスカットの取引で、黄色丸同士が利食いになった取引です。

画像1

10月25日 FXトレード結果 -165.4PIPs(-33080円)1


前日、ニューヨークダウがめちゃ上げてるのに、なぜ売りで入ったんだろう?
まあ、読みが外れてしまいました……。

普段利食いは45PIPs程度が平均なので4日分のマイナスです。

下値が固い感じはあったので、もっと早く切れたのですが粘りすぎました。
自分の読みを重視するにしても、入った位置は非常に悪かったです。
さて、ここからが、勝負と言えば勝負。

負け越さないための秘訣、それは……

チャートを消して、ひたすら寝ること


もはや今日、自分にできることはありません。
環境の変化がくるまで待つと思います。
-57PIPs
-56.5PIPs
-52.4PIPs
計-165.4PIPs

1ロット2万通貨なので、-33080円。
画像1

ロスカット


む、無念であります。

10月19日 FXトレード結果+12.5PIPs(+2500円)

かなり、遅れての更新です。

10月19日深夜から10月20日朝辺りの取引です。
下げる時に勢いよく下げたので、戻し売りの動きのような感じがしました。

つまり、流れは売りに優位性がある状況と読みました。
大きな流れにおいての売り転換の兆しかもしれません。

でも、結局、週末を超えて衆院選の結果が分かった23日は100PIPsぐらい上がったので、読みは外れましたね。
切っていなかったら危なかったです。

+5PIPs
+4.7PIPs
+2.8PIPs
計+12.5PIPs(+2500円)

ここまでは強かったのですが、そろそろ相場の動向は変わりそうな気がします。
慎重にトレードしないと……。

さて衆院選ですが、蓋を開けると自民の圧勝で終わりましたね。
日経も依然として強いですが、注意するべきポイントもあります。

神戸製鋼の不正データ改ざん問題なんかはまさに爆弾で、日本の大黒柱である自動車産業に大きな影響を与えるリスクがあるでしょう。

北朝鮮問題は、このままジリジリとした展開が延々と続いていくだろうという専門家の意見もあります。
ただ、これはどうなるかわかりません。

突発的な材料に注意しながら、トレードしていく必要があるでしょう。
画像1

利食い

10月17日 2回目 FXトレード +60.1PIPs(+12000円)

朝の値動きを参考に夜も引き続き"買い"から。

朝は下がっても買われている下値の堅さが合ったので、方向性が変わらなければ"買えば"勝てるという気持ちで取引しました。

目立った材料は無かったので、あまり大きくは動かないだろうという見立てではありますが、20PIPs~30PIPsの利食いを狙っていきました。

結果は、
+19.6PIPs
+20.6PIPs
+19.9PIPs

計+60.1PIPs

ちなみに、取引ロット数は、1ロットにつき2万通貨購入しています。
いつも3ロット購入しているので、6万通貨での取引ということになります。

2万通貨だと、1銭(1PIPs)動いたら200円の変動です。

今回の場合だと、総額で約60PIPsの利食いだから60×200=12000円の利益ということになります。


10月18日~19日は中国共産党の党大会があるので、取引は控えると思いますが、1銭抜きトレードの練習をしていきたいと思います。

1銭抜きは、まだ練習で勝てないことが多いので、1ロット=1万通貨で取引をします。
ある程度データが集まったら、ブログにアップしていきたいと思います。


以下、取引チャート(5分足)。

画像2


少し、追いかけ気味に入ってしまいましたが……。


画像2の利食い


無事利食い成功です。



10月17日 FXトレード結果 +19.6PIPs

相場環境は昨日の続きで、動きやすい相場ではないかと判断しています。
一旦発生した動きは、一定期間継続することが多いです。

ただ、方向感は昨日とは違い、朝方上がっていて強そうだったので、画像の緑ラインのサポートの値動きを少し観察しました。

下値が堅く、「拾おう、拾おう」としてた感じがしたので、イチかバチか買いポジを入れました。
ハズして一番下まで落ちても-30PIPs程度なので、この位置ではあまりリスクなくトレードができます。


結果は、一旦下値は割れたけど、そこから反発して上昇。
小幅ながら利食いができました。

+6.8PIPs
+6.7PIPs
+6.1PIPs
計+19.6PIPs


明日は中国共産党の党大会があり、北朝鮮が何かしらの動きをしてこないか警戒する必要があります。

また、来月11月5日にはトランプ大統領が来日してくるとのこと。
その辺りは、相場の急変など気をつけた方がいいでしょう。

画像1

利食い

1枚目の画像に映っている左下の売買は、今検証している1銭抜き売買です。
後日、解説をアップしたいと思います。

ギャラリー
  • 3月7日朝の値動きで逆張りは控えることを決める
  • 2018年1月19日米政府機関が閉鎖!?ドリーマー救済措置とは
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • 5割は当たる!?ドテン売買のタイミング~1月15日の結果~
  • ドル円111円台に下落、日銀の買いオペって一体何?
  • 500円→200万円に!仮想通貨が注目される理由とは?
  • 天下人!秀吉軍4万人が200キロの距離を5日間で移動した驚きの方法
ブログトピックス